NPO法人 フットボールクラブ イスミ フトゥーロ

『 U15リーグ(JY/ VS千倉中 / 6月22日) 』を行いました。 (2013. 06. 26)

U15が6月22日(土)に西陵中Gにて、U15リーグ VS千倉中を行いました。

結果は、0 ● 4  3勝2敗2分の勝ち点11のまま。


今年の千倉中は、2ブロック内では、力がぬけています。ポイントになる選手は、メンタル、技術、アイデア、経験、サッカー感覚があり、現時点でまともに組み合うと・・・、という事で、うちの選手たちは相手の良さを消して耐えて少ないチャンスをものにしよう!という戦略を選択(この選択についての経緯と考えは長くなるので省略)。

相手選手の特徴はつかめていた為、試合開始から戦略がはまり、相手はイライラ、うまくいかない・・・こちらは想定した試合展開と得点が生まれそうな気配もあり・・・

が、前半28分 エアポケットにはいったようにPKを与え、そこから前半終了間際にもう1失点、またまた後半開始1分でもう1失点。


良いペースが5分で、完敗ペースに。これが実力です。



ただ、無駄な試合ではありません。
とらえ方次第で、今後の成長にとてもつながる試合。
ただ、今のままだと少し力のあるチームには、勝ちきれません。
それを痛感する試合。



これをどう生かすか。ありがたい事にまだ生かす場所はあります。
もうチャラ男、ぺラ男はいい加減、卒業しないと。

事実は良いこと、悪いこと、逃げないで正面から受け止めて次に進まないと、獲得できないものあると思ってます。

良い方向に向かって、自分で進もうとはしてますが、ここら辺で、もう少し気構えビシッと持って、闘い抜けるように。
前半28分までは、痺れながらも楽しかったはず。それはなんだかんだとみんなの力が付いてきたからです。



でも大事なのは、そこから、グンっグンっといけるか。そこが大事です。



さぁ心に革命起こすチャンスです。