NPO法人 フットボールクラブ イスミ フトゥーロ

JY・U13 館山合宿(24日~26日) 3日間、無事に終了しました! (2012. 08. 26)

JY・U13館山合宿(24日~26日/TATEYAMA フェスティバル)、無事に3日間が終了しました!

各関係者の皆様、本当にありがとうございました。

子供たちにとり、とても貴重な3日間となりました。素晴らしい大会、たくさんの素晴らしいチーム、魅力的な指導者の方々に囲まれて、本当の仲間、チームになる事の大切さが、彼らの心に、触れました。



素晴らしい大会、素晴らしい環境、素晴らしいチーム、贅沢三昧の合宿に来て、チームの目標は、

 『 サッカーを仲間と思いっきり楽しんで、張り切ってプレーする! 』

 『 素晴らしいチームが数多く参加する大会に出場して、ピッチ内外の良い所を盗んでくる! 』


+2日目からは、自分たちで

『 苦しい状況でも、最後まであきらめずに、声をかけあって、心をひとつにして全力で戦う 』

を追加。



結論は、目標 未達成。


仲間と、プールで遊ぶ。ゲームで遊ぶ。海で遊ぶ。もちろん楽しいでしょ。

でもサッカーチームの仲間は、本当の仲間にならなくちゃダメです。



本当の仲間になるには、

自分の感情を、思いっきり出して、自分の心をがばっと開いて、相手の心に思いっきり、飛び込んで、ぶつかって、抱きしめて、ぐちゃぐちゃになって・・・。

そこで、お互い嫌いにならないでしょ。人と深く、付き合う事を怖がらないで。ここは、そんな場所です。




『 僕は、やっているけど、みんながやってくれない 』
『 あいつが、言ってくるけど、僕はやっている 』

小さい奴にならないで。

みんな、完璧ですか?まだまだかわいい坊やたちが、何にこだわってる?不完全で良いでしょ。

小さい事にこだわらないで、すべてを素直に認めて、心を全開に仲間を心から受け入れて、

『 俺たち、この程度だけど・・・、やってやろうぜ!! 』

で良いでしょ。



そしたら、苦しいとき、厳しいとき、『 無表情  』には、ならないよ。
『 声 』は、ただの 『 音 』じゃないんだです。

仲間に 『 思いを届ける 』音なんです。思いを届けるには、仲間の『 心 』をもっとよく見ようとして。




心と心が触れることに、怖がらないで、本当の仲間になっていこうね。

今回の合宿で、伝えようとしている事が、みんなの心に少しだけ、触れました。



『 思いっきり楽しむ! 』 『 心を一つにして戦う 』  そんなに簡単じゃありません。



でもこれからです! すべてを力に! みんなならやれる!